耳をすませば

本日はジブリ作品の『耳をすまして』というアニメの

背景モデルとなった東京都多摩市、武蔵野市のうち

多摩市のほうへ写真を撮りに昨日行ってきました。

昨日のうちにアップしようと思ったのですが

Facebookにフォト蔵とアップのみの更新で

こっちも更新したものと思い込んでしまい

今頃の更新となりました・・・。



っということで写真をアップしていきます!!



風景画 002


まず最初の写真は主人公・月島 雫の父が勤める

図書館がある場所なのですが実際には広場になっています。

その広場から見た風景がこちらになります。



風景画 003


う~ん建物ばかりですがそこそこの眺めです♪


風景画 006


そして物語を作りながら雫が駆け下りてた階段。

実際に駆け下りるのは危険なのでやめましょう(笑)

てか結構傾斜がある階段になっております。



風景画 007


そしてここでは野球少年・杉村君が雫に気持ちを!!

う~ん実際行って写真を撮ってるときは何となしというか

ぼんやりとしかストーリーや風景など思い出せなかったのですが

実際、写真をこうして張り付けながらDVDのパッケージに

ネットで情報収集しながら記事にしていくとわりかし明細に思い出し

苦笑いをしてしまう淡い青春ストーリーなのだな。っと感じてしまいます(笑)



風景画 010


そしてこのロータリーは天沢 聖司の祖父が営む

『地球屋』があるロータリーのモデルとなった場所になります。

『耳をすませば』を見たことのある方なら分かると思いますが

アニメではのどかな住宅街として描かれていますが実は・・・

まんまのどかな住宅街になっております!!

ただ高台にありますので自転車もギア付きか

電動ですね流石に、原チャリも多かったし(笑)



風景画 012


そして雫と聖司が日の出を見に向かった貯水塔になります。

当然敷地内に入れないので貯水塔から見た光景を拝むことは出来ません!!

っというより方角的に副都心はそこから見れません、実は。


なのでここからは自分の妄想なので不確かなものですが

出来る限り類似している風景が見れる場所を思い出し

撮ってきたのでご紹介いたします。



風景画 015


まずは多摩市の西隣の位置する日野市の貯水塔です。

ここから敷地内にある展望台から見た光景が下記になります。



風景画 016


う~ん右側の山などがなければ副都心が見えたのに・・・

っとここから見た風景が限りなく雫と聖司が見た日の出と

類似していると妄想で感じ撮ってきた写真なのですが

思わぬ収穫でもしかしてこの場所じゃね?っと思ったのですが

狭い道の住宅街をクロス・バイクというスポーツタイプの

自転車で走っていたので急には停まれずに先の広い場所で

Uターンして撮影ポイントに戻ってパシャり1枚撮影。



風景画 021


これがその時の写真で御座います。

今回は副都心のみだけではなくスカイツリーのオマケ付き!!

撮影場所は日野市の貯水塔より約100m圏内の場所の

マンション?寮?っという建物をバックに目の前は民家。

出来る限り場所の特定できないように撮影してきました(笑)




以上、今回の記事でした。



にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト


【本日の写真】へ  【本日の写真】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事に卜ラックバックする(FC2ブログユーザー)

【本日の写真】へ  【本日の写真】へ

気が向くままに

環境

全21ページ
  3kaku_s_L.png 初めから読む
Home 
Comic
Gallery
SiteMap

キーボードの  F11  を
クリックすると全画面で
表示されます。二回押すと元に戻ります。